LOG IN

キャッチ

by 石田裕之

一連の震災関連行事が終わりました。
1.17からようやく新しい一年が始まる、という声もあちこちで聞きます。
何かが終わり、何かが始まる時期。


人は互いに影響を与え合うことで、分かり合えないまでも、共に生きるということを自然に覚えていけるのかもしれません。

だとするなら、怖くても、下手くそでも、これからもキャッチボールを続けたいです。

思い切り投げた放物線上
誰かがキャッチした
『わたしが、もっと』より

僕は自分の心をたくさんの人に投げかけ続けて、そのぶん多くの方々の想いを自分の胸に取り込んで、前より優しくなれた気がします。強くなれた気がします。
ありがとうございました。


石田裕之
OTHER SNAPS